I hear music in the air – オルガンリサイタルの案内

I have been absent from this blog for several weeks now.  To be honest, I haven’t done anything of note since the start of the year aside from practicing the organ and keeping up my normal work duties at Rikkyo.  (Well, I have snuck away for an hour or two of cycling, I must admit.)

I am performing in Kobe at Kobe International University on January 28, and many hours of each day are consumed in that preparation.  The concert is in celebration of the 10th anniversary of the installation of the fine Fisk organ in the university chapel, and the repertoire is all English.  Following the concert I’ll be leading an organ masterclass, as well as conducting a choir festival the next day at St Michael’s Anglican Cathedral in Kobe (the home of a fairly new Mander organ).  If you’re in the Kansai area the weekend of the 28th, I hope to see you!

数週間の間、このブログを更新していません。正直、書く事があまりなかったからです。正月からオルガンを練習すること、出勤すること、食べること、そして、寝ることしかしていません。(まあ、時々自転車に乗ったことを告白しないといけないでしょう)

練習の理由は1月28日、神戸国際大学のチャペルで、10年前に設置したアメリカフィスク社のパイプオルガンのコンサートをします。リサイタル後、講習会、そして翌日の聖歌隊フェスティバルも担当します。関西の
方々をお待ちしています!

In case you’re in the Tokyo area the weekend of the 28th, Rikkyo Gakuin is sponsoring a recital by Emmanuel Le Divellec from France at its Niiza campus chapel (which also houses a Fisk organ, by the way).  The information is below.  The recital starts at 2 pm and is free.
関東の方も神戸に来てくだされば嬉しいですが、実は、同じ日、立教学院主催オルガンコンサートが新座キャンパスチャペルで開かれる予定です。偶然ですが、このオルガンもフィスク社によって製作された楽器です。神戸のフィスクオルガンより10年若い楽器で、フランス様式です。演奏者は下のチラシに書かれた通り、エマヌエル・ル・ディヴェレクです。14時開演、入場無料です。是非お越しください。

This entry was posted in Organ ~ オルガン関係, Rikkyo ~ 立教. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.