Musical this and that ~ 音楽活動の報告

Just so the person in the street doesn’t think that all I do is wander around Tokyo taking photos I will list up a few things I’ve been up to, musically. 毎日東京中をうろうろしているように思われない最近の音楽的活動についてに報告します。

Toyo Eiwa organ
1. I played a recital last November at Toyo Eiwa Women’s University near Yokohama. A fine Noack organ graces the chapel on campus. My program consisted of all English music – both organ and harpsichord works. The chapel was full for the concert – apparently they have a faithful following for the annual series. The program I played is posted on the recital program page (click on the tab above).

1.去年11月東洋英和女子大学のチャペルにてオルガンリサイタルを行いました。立派なノアック社(米国)のオルガンが2階のバルコニーにあります(上記の写真を見てください)。演奏した曲目は全てイギリスのもので、オルガンとチェンバロ曲が含まれました。本番はが満席状態でした。主催者によると近所の方々にとって人気のシリーズだそうです。演奏したプログラムは上の「オルガンリサイタル」タブで見られます。

2. Rikkyo University 46th Annual Handel Messiah performance – I was the conductor for the second year last December 13th. For the performance Mozart’s orchestration was used for the first time, replacing the long-used but problematic Prout edition. Much progress over the previous year was made by the chorus. As I am conducting again next year, I look forward to further progress on the ensemble.

2.立教大学第46回メサイア演奏会。去年12月13日の本番で指揮しました。立教の為にメサイアを指揮するのは2回目で、今回オーケストラの楽譜に問題のあるプラウト版からモーツァルト版に変わりました。この版に変わった理由について読みたい方は上記の「論文、等」のタブをクリックするとメサイアの楽譜についての論文が見られます。今回コーラスのレベルがかなり上達したので嬉しかったです。来年も指揮する予定なのでさらに良い演奏になるように努力します。

3. Workshop conducted by Steven Morgan at St. Alban’s Anglican Church, Tokyo – I was the translator for this event held last Saturday. Steve’s main point was the importance of organists treating the organ as a wind instrument, rather than a keyboard instrument. This was related to feeling breath in accompanying hymns, Anglican chants and anthems. The organ at St. Alban’s was built by Jaeckel, and is particularly suited to choral music. The workshop was put on by the Rikkyo Institute of Church Music (I am the sub-director of the institute; the homepage in Japanese is here: RICM).

3.先週土曜日スティーブン・モーガン氏によるオルガンと聖歌隊の為のワークショップが東京聖オルバン教会で行われました。(私は通訳係でした)モーガン氏はオルガンで歌を伴奏するとき(聖歌、賛美歌、チャント、アンセムなど)、管楽器(鍵盤楽器ではなく)の感覚で演奏するべきとだ主張しました。聖オルバン教会のオルガンはアメリカのJaeckel社の楽器で、伴奏する事にとても適切な楽器です。このワークショップが立教大学教会音楽研究所主催で開かれました。研究所のウェブサイトは右のblogrollに載っています。是非見てください。

 

This entry was posted in Choral ~ 聖歌隊関係, Church music ~ 教会音楽, Handel "Messiah" ~ ヘンデル「メサイア」, Music - general ~ 音楽:一般, Organ ~ オルガン関係, Rikkyo ~ 立教. Bookmark the permalink.

Leave a Reply

Your email address will not be published.