The nature of desire, or Brompton-lust – 物を欲しがると言うのは?

松の木@皇居 trees at the Imperial Palace, Tokyo

松の木@皇居 trees at the Imperial Palace, Tokyo

In Japan, we just finished a three day weekend.  Or so I am told.  I work weekends at the Rikkyo University chapel and have Mondays off anyway, so there wasn’t much of a change in my weekly pattern.  A national holiday, though, does mean far fewer cars on the road, so Monday was a fine day for tootling though Tokyo on a bike.  My 30 km route took me past the Akihabara electronics area, Tokyo Station and Ginza, etc.  A late afternoon winter sun produced the photo above at the Imperial Palace.  Looking back toward Tokyo Station produced the photo below.

3連休はどう過ごしたか、と知り合いに聞かれました。週末出勤(立教大学チャペルの音楽を担当するため)と毎週月曜日を休む私にとっては、何の変化のない連休でした。しかし、成人式=東京都内の交通量が少ないため、3時間程度の都内サイクリングに出かけました。小さな折り畳み自転車で東京を回る事は本当に楽しいです。30キロのルートで、秋葉原、銀座、東京駅、皇居など有名スポットを通りました。午後4時過ぎの光のおかげで、皇居前の松の木(上)と丸の内周辺のビル(下)は特に印象的でした。

丸の内、東京 Building in the Marunouchi area, Tokyo

丸の内、東京 Building in the Marunouchi area, Tokyo

And a run up the hill past the palace allowed me to capture the national Diet building just after sunset.  All in all, a fun city ride.  そして、皇居裏の坂を上ると、下の風景がありました。

国会議事堂 National Diet Building, Tokyo

国会議事堂 National Diet Building, Tokyo

Now we come to the semi-philosophical part of today’s post, wherein we consider The Nature of Desire.  Why do people want things they don’t need?  More specifically, why am I presently lusting after a Brompton folding bike when I already own two other folders (a Bike Friday Pocket Crusoe and a Dahon Curve D7)?  What’s the diagnosis, doc?  I made the mistake of taking a test ride on this lovely machine today, and the fires of desire were ignited!  Fortunately, these made-in-England beauties are expensive, so don’t come under the heading ‘impulse purchase.’  Oh honorable wife – win the lottery!

次に、ちょっと哲学的な話があります。人って、なぜ人生に必要ないものを欲しがるでしょうか?もっと具体的に言いますと、なぜ自転車3台を持つ私はブロンプトン社の折り畳み自転車を欲しがるようになってしまったでしょうか?アドバイスのある方はいらっしゃいませんか?今日、Y’sロード(自転車屋)で試乗車を乗って来ましたので、この状態がさらにひどくなりました。幸いに、イギリス製のブロンプトンは安くないため、その場で買う事が出来ませんでした。セーフ!(しばらくの間?)下の写真を参照して下さい。皆さんも欲しいでしょう?

The object of desire - a Brompton
The object of desire – a Brompton

 

This entry was posted in Cycling, Tokyo ~ 東京 and tagged , , , , , . Bookmark the permalink.

One Response to The nature of desire, or Brompton-lust – 物を欲しがると言うのは?

  1. □□○△ says:

    こんばんは。
    遅くなりましたがコメントを。
    ひとくくりに自転車といっても用途が違うわけで、ロードにはロードの、ミニベロにはミニベロの、折り畳みには折り畳みのよさがあるのです。傘だってそうですよね。
    と言うことで折り畳みを使う目的があるならば買いだと思います。
    とは言うものの、一度に乗れる自転車は一台だけです。半年以上エアチックをしない自転車があったら可哀想だから養子に出したほうが良いかもしれないですね。

Leave a Reply

Your email address will not be published.